1
1月1日 歳旦祭(さいたんさい)
1月3日 元始祭(げんしさい)
1月 成人の日 御弓始祭(おゆみはじめさい)
1月8日 崇敬者大会 初詣祭
2
2月3日 節分祭(せつぶんさい)
2月11日 紀元祭(きげんさい)
2月17日 祈年祭(きねんさい)
2月23日 天長祭(てんちょうさい)
3
春分の日 独歩一六四会慰霊祭
3月下旬 観桜会(かんおうかい)


1
1
歳旦祭 (さいたんさい)

歳旦祭(さいたんさい)は五穀豊穣と国民の安寧を祈念する中祭として行われます。
神事は元旦の午前5:30から執り行われますが、境内は年越しのイベントを楽しみにする多くの人で、大晦日からにぎわいます。

午前0時に打ち鳴らされる大太鼓と共に、神前に若水(その年の初めてのお水)が供えられます。

その後、広場の特設桟敷より大人気の恒例イベント福餅まきが行われます。
午前6時からも2度目の福餅まきが行われます。

新年のご祈祷をご希望の方は、1月1日のみ午前0時より午後5時まで受付。
2日以降は午前9時より午後5時まで随時行っています。
(お休みはありません)

初詣を済ませた後は、地元婦人部による休憩所(社務所内1月1日~ 3日開催)で暖まりください。
お汁粉や甘酒のほか、カレーライスや豚汁など軽食メニューも用意しています。

※通常より多くの駐車スペースを用意していますが、混雑する場合もありますので、余裕を持ってお越しください。

2
3
節分祭 (せつぶんさい)

節分とは各季節の始まりの日の前日。
江戸時代以降は一般的に立春の前日をさすようになりました。

季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、これを追い払う為に、古くから豆撒きなど行事が行われてきました。

2月3日の午後2時30分。社殿にて厄よけ神事が始まります。

追儺(ついな)の儀として、破魔矢で四方を祓う御弓矢の儀。
豆打にて北東、南東、南西、北西と四方を祓(はら)う御豆打の儀。

そして邪気を祓う力があるとされる、桃の枝をを持って「福は内、鬼は外」と唱えて追儺板を叩く「追儺板神事」が行われます。

神事終了後/午後3時ころから、かみしも姿の年男年女が拝殿前に設けられた台の上から、「福は内、鬼は外」の掛け声とともに厄落としの品々を撒きます。

福豆やミカン、お菓子、落花生などもが撒かれ、様々な賞品が当たる福引きもあり、多くの参拝客でにぎわう人気行事です。

また毎年、年男と年女をご奉仕頂ける方を募集をしております。
(初穂料:25,000 円)詳しくは社務所までお問い合わせください。

3
下旬
観桜会 (かんおうかい)

境内の桜は3月下旬から4月上旬に見頃となります。

桜の下で軍歌を唱い英霊に捧げます。

4
4月4日 静岡歩兵第三四連隊(三四会)戦友慰霊祭
4月29日 昭和祭(しょうわさい)
5
5月5日 菖蒲祭子供祭(しょうぶさい)
5月月末 お田植え祭(おたうえさい)


5
5
菖蒲祭子供祭 (しょうぶさい)

5月5日は「菖蒲の節句」ともいわれる端午の節句の祭典で、子供達の健やかな成長を願います。

当日は事前に申込※を受け付けた100人以上の子供たちで大変賑わいます。

※参加申込は例年4月初旬に当ホームページおよび新聞紙面等で告知を行ないます。詳細はお問い合わせください。

午前10時からは社殿にて菖蒲祭が行われ、子供たちの健やかな成長を神様にお祈りします。

祭典は子供にもわかりやすいように説明しながら進められ、神事になじみの浅い大人にも大変わかりやすくなっています。

祭典の後「おおきく育て」の願いとともに、神池に繋がる境内の川にメダカを放流します。

6
30
大祓式 茅輪神事 夏越の祓い (おおはらいしき ちのわしんじ)

夏越祓(なごしのはらえ)と称して、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事です。

【6月15日】※6月中旬、日程変動します

地元の世話人さん達の手によって、手際良く茅の輪(ちのわ)がつくられていきます。

設置された茅の輪は、6月30日までの間、自由にくぐって祈願頂けます。

【6月30日】

午後3時からの神事には、どなたでもご参加頂けます。
半年間の健康を願って是非ご参加下さい。

人形(ひとがた)で、体の具合の悪いところなどを撫でて、けがれを移します。

神職に続いて茅輪をくぐります。

※6月30日の午前中は、茅の輪をつくり直すために一時取り外されている場合があります。
※大雨荒天の場合は祭場や全体の進行に変更があります。

7
7月第1週※ 七夕祭(たなばたさい)※7日より前までのいずれか1日
7月下旬 万灯みたま祭奉納弓道大会
7月月末 万灯みたま祭奉納少年剣道大会
8
8月10日~12日 永代祭祀講社大祭(えいたいさい)
8月13日 静岡県遺族会献灯式(いぞくかいけんとうしき)
8月13日~15日 万灯みたま祭(まんとうみたまさい)
8月15日 英霊顕彰祭(えいれいけんしょうさい)
9
秋分の日 泉五三一六会戦友慰霊祭


7
第1週
七夕祭 (たなばたさい)

※7日より前までのいずれか1日に開催

7月7日は季節の節目(ふしめ)となる節句の一つで、中世以降は神社でも恒例の年中行事であったようです。

子供たちが願い事を短冊に書いて、笹飾りを作るのが当社でも恒例になっています。

祭典当日は、午前10時から、社務所で短冊に願いごとを書いて、約4メートルの大笹と、来場者が持ち帰る小笹を飾り付けします。

近隣幼稚園の児童、地元子供会の児童たちがそれぞれ参加して、思い思いの願いを短冊に書き、社殿でお参りをします。

小笹は各自、持ち帰ることができます。

家に飾った小笹は、7月8日以降に神社へ返し、お焚き上げをします。

8
13~15
万灯みたま祭 (まんとうみたまさい)

ご遺族一般の方々にご協賛頂いた提灯に「みあかり」を灯す慰霊と感謝のお祭りです。

数えきれないほどの提灯がつくりだす風景は、美しくも幻想的です。

堤燈に明りが灯るのは、8月13日〜15日の午後6時から9時まで。7時半と8時半には花火の打ち上げも行われます。

詳しくはこちら
10
10月上旬 抜穂祭、収穫奉納奉告祭(ぬいぼさい)
例祭前日 霊璽奉安祭(れいじほうあんさい)
10月22日 管弦祭
10月22日~23日 例祭 秋季慰霊大祭
   静岡県遺族会献水式
11
11月3日 明治祭、大的式(小笠原弓馬術静岡同門会)
11月13日 御創立記念祭(ごそうりつきねんさい)
11月15日 七五三祝祭
11月23日 新嘗祭 しんじょうさい(にいなめさい)
12
12月13日 御煤払祭(おすすはらいさい)
12月28日 餅搗き行事
12月31日 大祓式 年越しの祓い(おおはらいしき)
12月31日 除夜祭(じょやさい)


10
22
管弦祭

「管弦祭」は、秋季慰霊大祭のイベントとして10月22日に開催されます。

元々が雅楽・神楽舞教室の発表の場として始まりましたが、現在は一般からも広く上演者を募集しています。
1989年『NINAGAWAマクベス』の舞台ともなった、抜群のローケーションで演奏できます。

17時半から管弦奉告際(奉納の祭儀)が執り行われた後、18時より「管弦際の夕べ」として順次上演が行われます。

参考演目
1.管弦
2.日本舞踊
3.琴城流大正琴
4.尺八・琴/尺八:琴古流 琴:山田流
5.神前神楽

秋の虫の音が聞こえてくる本殿前に設えられた、ステージで上演される演奏や舞は、独特の趣があります。

今年見逃した方も、来年は是非お越し下さい。

観覧は無料。
雨天時も本殿で開催します。

10
22~23
例祭 秋季慰霊大祭
   静岡県遺族会献水式

10月22日には神職のみの神事、10月23日には遺族の方々と各界代表者の参列を募り、護国のご英霊を慰める為の大祭が行われます。

戦没者の慰霊のために行われるため、厳かな雰囲気が漂います。遺族の参列が中心なので、他の神社のお祭りとは雰囲気も内容も異なりますが、一般の人も参列することができます。

22日夜には「管弦祭」が催され、23日夜には「手筒花火」が奉納されます。

11
15
七五三祝祭

7歳、5歳、3歳の子どもの成長を感謝し、今後の健やかな成長を祈願します。

10月中旬~12月中旬にかけて随時受付し、祈祷祭を執り行います。

1.お祓い:神職によるお祓いをします。

2.祝詞奏上:これまでの無事を感謝し、これからの健やかな成長を祈ります。

3.お清め:巫女さんが鈴を頭上で鳴らしてお清めします。

4.お参り:各々玉串をお供えして、二拝二拍手一拝でお参りします。

5.祝い太鼓:元気に育つ様願いを込めて、歳の数だけ力一杯たたいてていただきます。

11月の土・日曜日には、たくさんの着飾った子供たちがご家族と訪れ、境内も賑やかな雰囲気となります。

11月15日には神社による七五三祝の神事が執り行われます。

12
31
大祓式 年越しの祓い (おおはらいしき)

年越しの祓いとも云う。身に触れた罪穢(つみけがれ)を禊(みそぎ)によって祓い清め、新しい年を迎えます。
大晦日の午後3時から執り行われ、どなたでも無料でご参列いただけます。

大祓詞(おおはらえのことば)が詠みあげられ、『八針に取り辟きて』に倣い、麻と木綿(ゆう)が神官の手で8つに辟かれます。参列者には切麻(きりぬさ)を身体にかけて、お祓いをします。

お祓いで使われた玉串などは、箱に収めて持ち帰られますが、これは古来川に流していたものの名残りです。

最後に参列者全員で本殿に参拝して終了となります。

引き続き午後4時から除夜祭が執り行われます。

12
31
除夜祭 (じょやさい)

除夜祭はその年一年間の、神様のお恵みに感謝を捧げる神事です。

大祓式に続いて大晦日の午後4時から執り行われます。

手水を使い清めた後、神事を行うために参道を神前へと向かいます。

大麻で祓った後に、榊の葉を用い、塩湯で祓います。これは『修祓(しゅばつ)と言って神事の前のおきよめです。大麻は主に心の清め「祓」を、塩湯は主に身の清め「禊」を意味します。

感謝を捧げるお供えが、神官たちの手によって、次々に神前に運ばれます。