神前結婚式

神社で行うような「神前式」が広まったのは、1900年(明治33)5月10日に皇室御婚令が発布され、皇太子(後の大正天皇)の御婚儀が、初めて宮中賢所 大前で行われたことが、きっかけでです。

式順

  1. 入場:拝殿まで皆さんで進んでいただきます。
  2. 斎主一拝:開式にあたり一同一礼いたします。
  3. 修祓(しゅばつ):お清めのお祓いをします。
  4. 献饌(けんせん):ご神前に神餞(供物)を捧げます。
  5. 祝詞奏上:お二人のご結婚を神前にご報告し、新郎・新婦・ご両家の幸福を願う祝詞を神職が奏上いたします。
  6. 誓杯:三三九度の盃をかわします。
  7. 誓詞朗読:新郎新婦が神前に進み出て、誓いの言葉を朗読します。
  8. 新郎新婦の玉串奉奠(ほうてん):新郎新婦が玉串をたてまつり、お参りいたします。
  9. 指輪交換:新郎が新婦に、次に新婦が新郎の薬指に指輪をはめます。
  10. 親族代表の玉串奉奠(ほうてん):親族代表が玉串をたてまつり、お参りいたします。
  11. 親族固めの儀:一同起立し、ともに杯を挙げる。
  12. 斎主一拝:閉式にあたり一同一礼いたします。
  13. 退場:神前に拝礼して新郎新婦を先頭に退場。
  14. 記念撮影

※〈雅楽・神楽舞付き〉の場合は神楽奉納が追加されます。

挙式初穂料

  • 80,000円
  • 100,000円 〈神楽舞付き〉
  • 150,000円 〈雅楽・神楽舞付き〉

御衣裳・専属カメラマンは、御披露宴会場に御相談願います。
それぞれ独自に御用意される場合、御参考まで。
●衣裳店 イキナキナ
●写真家 藤本陽子写真事務所
●写真家 フォーシーズン
●写真家 ふぉとぴりか