年間行事

大祓式 夏越しの祓い(芽の輪くぐり)

夏越祓(なごしのはらえ)と称して、この半年の罪や穢れを祓い、残り半年の無病息災を祈願する神事です。

【6月15日】

地元の世話人さん達の手によって、手際良く茅の輪(ちのわ)がつくられていきます。

設置された茅の輪は、6月30日までの間、自由にくぐって祈願頂けます。

※6月30日の午前中は、茅の輪をつくり直すために一時取り外されている場合があります。

【6月30日】

午後3時からの神事には、どなたでもご参加頂けます(午後2時半より受付)。
半年間の健康を願って是非ご参加下さい。

人形(ひとがた)で、体の具合の悪いところなどを撫でて、けがれを移します。
神官に続いて茅輪をくぐります。今年は生憎の雨模様となりましたが、多くの方々が、健康を願い参加されました。
くぐり順

「水無月(みなづき)の夏越(なごし)の祓ひ(はらい)する人は千歳(ちとせ)の命延ぶ(いのちのぶ)と云ふ(いう)なり」

という古歌を唱えながら、左まわり・右まわり・左まわりと、八の宇を書くように三度くぐり抜けてから、社殿に参拝します。

切麻(きりぬさ)を身体にかけて、お祓いをします。

切麻(きりぬさ)

麻または紙を細かく切って米とまぜ、祓い清めるために神前にまき散らすもの。