年間行事

歳旦祭(さいたんさい)

歳旦祭(さいたんさい)は五穀豊穣と国民の加護を祈念する中祭として行われます。

神事は元旦の午前5:30から執り行われますが、境内は年越しのイベントを楽しみにする多くの人で、大晦日からにぎわいます。

歳旦祭歳旦祭

歳旦祭午前0時に打ち鳴らされる大太鼓と共に、神前に若水(その年の初めてのお水)が供えられます。

その後、広場の特設桟敷より大人気の恒例イベント福餅まきが行われます。
午前6時からも2度目の福餅まきが行われます。

新年のご祈祷をご希望の方は、1月1日のみ午前0時より午後5時まで受付。2日以降は午前9時より午後5時まで随時行っています(お休みはありません)。

初詣を済ませた後は、地元婦人部による休憩所で(社務所内1月1日~3日開催)ちょっと暖まっていかれてはいかがでしょうか?お汁粉や甘酒のほか、カレーライスや豚汁など軽食メニューも用意されています。

※通常より多くの駐車スペースを用意していますが、混雑する場合もありますので、余裕を持ってお出かけください。

歳旦祭歳旦祭

中祭とは

神社の祭祀で、大祭に次ぐもの。

歳旦祭・元始祭・紀元節祭・天長節祭など。